とんど祭(古神符焼納祭)を斎行致しました

14日朝より氏子中にて山々より杉桧竹を収集し護摩壇の形にてとんどが組まれ、あきの方(南南東)に向いて御幣が立てられました。翌15日午前5時30分氏子役員の参列の下、神殿にて奉告祭を斎行、夜が明けぬ6時よりとんどの御前に祝詞を奏上し、氏子崇敬者各位より納められた古き年の御札、御守、正月飾り等を謹んでお焚き上げ申し上げました。炎が収まりつつある中、お餅を焼き、またとんどの神火にて炊いた小豆粥を食しました。