top of page

今日の天河

6月17日 伊勢神宮では15日より三節祭と呼ばれる月次祭が斎行され、午後10時と午前2時には、神々に御飯や御餅、神酒に加え海川山野の神饌をお供えする「由貴大御饌の儀」、翌日の正午には、天皇陛下の幣帛を奉る「奉幣の儀」を行い、国家の繁栄と国民の幸せをお祈りします。また、古都奈良市内の大神神社摂社 率川神社において三枝祭(別称 ゆりまつり)が斎行され、黒酒、白酒の神酒を「罇(そん)」「缶(ほとぎ)」と称する酒罇に盛りその酒罇の周囲を三輪山に咲き匂う百合の花で豊かに飾り、優雅な楽の音につれて神前にお供えし疫病を鎮めることを祈る由緒あるお祭りです。また広島厳島神社では本日例祭が斎行され、今日の日は各地で重要神事が執り行われています。天河社もかつては6月17日が例祭日と定まっておりましたが現在は7月17日となっています。各地のまつりごとを祝い梅雨の合間の晴天の朝を迎えた天河です。



Comments


bottom of page