抜穂祭を斎行致しました

9月28日 大型台風の接近を懸念致し、急遽抜穂祭斎行を決め、作長様始め天川郷植手衆皆様のご奉仕により黄金色にたわわに実った稲を刈り取りました。

祭典に先立ち、神殿にて奉告祭を斎行、続いて神田へ移動し抜穂祭を斎行。大神様の守護と多くの皆様のお祈りのお陰をもちまして米作りを始めて以来の大豊作となった稲は黄金に輝き感謝の思いで約1時間ほどで全てを刈取り、束ねた稲を掛け干しして11月の秋祭及び新嘗祭に御神殿へ御献上申し上げます予定です。

苗代料を御供下さいました多くの皆様に心より感謝を申し上げますと共に来年こそは早乙女奉仕を行える状況を迎えられることを願いたいばかりです。