top of page

松囃神事を斎行致しました

正月5日 冬晴れに恵まれ新年始めの松囃神事を厳粛に斎行致しました。70名余りの御参列の下、始めに此度の能登半島地震にて犠牲になられました多くの御霊様に黙祷を捧げご冥福をお祈り申し上げ、祝詞奏上にてもご不明の皆様の早期発見と被災されました多くの皆々様のご健康とご安全並びに時は至りますが一日も早く日常の生活へ進まれますよう、そして日々、救助並びに復旧活動に務められる皆様への敬意も申し述べ、また本年の世の中の平穏と御皇室御安泰並びに氏子御崇敬各位の御平安を祈念申し上げました。くがたち(御湯式)にて天地一切を祓い清め、今年の牛王神事に押印される如意宝印の斧入れが古式にならって執り行われました。その後、大蔵流 茂山千三郎様社中による三番三が、大鼓、小鼓、能管の音霊が初春の境内に響き渡る中、新年を寿ぎ五穀豊穣へ祈りのもと奉納されました。



Comentarios


bottom of page