観月祭を斎行致しました

9月21日 十五夜(仲秋の名月)の日を迎え神殿に秋のススキやハギの草花を添え飾り、月見のお団子や里芋を始め御神饌を供して秋の実りへの感謝と氏子崇敬者各位の御平安並びに疫病鎮静祈願を合わせて斎行申し上げました。

祭典後、斎庭に御神水を汲み上げたタライを供し、護摩を奉修し山から差し昇る月の光を待ち望んでいたところ雲の隙間から神々と輝く名月を愛でる事ができ、供した御神水とお団子を拝戴し月や大神様の力、恩恵を心身に宿し感謝を捧げました。