春季大祭、桃の節句祭、春の太々神楽講講社大祭を斎行致しました

4月14日 前夜からの雨も上がり大地が清まり春の日の光が降りそそぐ中、厳粛に執り行われました。関西圏においての新型コロナウイルス感染症による感染者急増により、感染予防対策を徹底し、区内代表者、氏子総代代表者、崇敬者代表者をはじめ事前参列申込者の皆様50名の御参列を賜わりました。

神殿には、氏子中より御供頂いた桃の花を添え飾り、菱餅や春の野山に実った御神饌並びに太々神楽講講員台帳、春祭初穂料献納者台帳を御供申し上げ、五穀豊穣、天下泰平、御皇室の御安泰と共に氏子中、講員崇敬者各位の無病息災と家運隆昌を御祈念申し上げ、合わせて疫病鎮静祈願祭を斎行し、祭典後直会にて桃の神酒を拝戴申し上げました。