例大祭を斎行致しました

7月12日 夜明け前より神職以下3名弥山奥宮に登拝し、弥山と八経ケ岳の谷間の源水地より御神水を汲み上げ、その後弥山神社において火おこしを仕え、御神水御神火拝戴式を謹んで斎行し下山。天河社神殿に献上、護摩を奉修致しました。

そしていよいよ16日例祭宵宮祭を19時より斎行。今年も感染症拡大予防対策につき氏子総代を始め限られし崇敬者代表のみの参列にとどめ祭典をご奉仕申し上げ、神楽は豊栄舞を奉奏。17日例大祭当日にあたりても代表者参列のもと10時より斎行。種々の御神饌を始め例大祭に御奉賛並びに品々を御供賜わりました皆々様のお名前が記されました台帳を奉献申し上げ、天下泰平、国内安穏、五穀豊穣、御皇室の御安泰と共に氏子崇敬者、太々神楽講講員、天下四方に住める人等のご健康と弥栄を祈念。合わせて疫病鎮静祈願祭を斎行申し上げ、神楽は浪速神楽の相舞、式神楽を奉奏致しました。

終わりに斎主が御参列の皆様へ来年こそは賑々しき例大祭を斎行できますよう謹んで神明奉仕につとめてまいりますことを挨拶申し上げ今年の例大祭を終えました。

コロナ禍にあっても神威高揚に格別の御敬神と共に例大祭への御奉賛、御供品を御献上賜わりました多くの皆々様に心より深謝申し上げます。