今日の天河

9月3日 平成23年9月の紀伊半島豪雨災害より早11年を迎え、未だ深層崩壊にて崩れた山々の復興工事が続く中、朝拝に合わせ復興祈願を斎行致しました。また、長年天河太々神楽講講元として神宝五十鈴の研究に務められ、五十鈴の音霊の持つ働きや五十鈴たたら舞を多くの方々へ教え導かれました原宣之先生が昨年8月ご逝去され、1年を迎えた今年、原先生を教えの親として慕う皆様が哀悼と鎮魂と平和への祈りのもと、いのちの尊さと生かされる意味を深く突き詰めた体感型朗読の御奉納が行われました。